困ったときの
大学生活相談窓口

大学生になると生活スタイルが変わり、
その変化に戸惑う学生が少なくありません。困った時は一人で悩まず、
周りに相談することが大切です。ここでは、大学生活の悩みを
気軽に相談できる窓口を紹介しますね。

  • 学生支援センター
    「学生何でも相談室」

    「修学・履修について」「進路・就職」「対人関係」「日常生活」「健康面」などなど、学業面だけではなく、日常生活に関わるあらゆる相談を受け付けています。
    来室が難しい場合はメールでの相談も可能です。

    ※ 相談内容等のプライバシーは厳守されます。
    学生支援センター「学生何でも相談室」

    【所在地】文教キャンパス 学生支援センター
    各学部にも悩み相談を受け付ける学生何でも相談員を配置しています。

  • 入学直後は不安があるかもしれませんが、先輩や先生、私たち学生支援団体が一緒に解決していくので安心してください😊
    長崎大学ピア・サポート
    “ふらっぴあ♭”

    長大生による、長大生を支援するためのボランティア団体。
    相談にのってくれるのは皆さんの先輩です。
    「どの科目を履修したらいい?」「部活かサークルに入りたいけれど何に入ったらいいか分からない」など。かつて同じ悩みを抱えていた先輩だからこそ、皆さんに寄り添って一緒に解決法を探してくれます。

    長崎大学ピア・サポート“ふらっぴあ♭”

    ピア・サポートルームのTwitterアカウントです。お気軽にご相談ください!
    【所在地】文教キャンパス 学生支援センター内ピア・サポートルーム

  • 保健センター

    身体の変調や突然の怪我など、健康面で悩みが生じた時にはこちらへ。
    内科、歯科、婦人科の専門医師が相談に応じます。また、こころに関する相談も受け付けており、カウンセラーや精神神経科医が対応します。いずれの症状も、治療が必要な場合は、適切な医療機関を紹介しています。

    ※相談内容等のプライバシーは厳守されます。
    ※相談は事前の問い合わせか予約が必要です。
    保健センター

    【所在地】文教キャンパス内

  • 障がい学生支援室
    「アシスト広場」

    長崎大学は障害の有無にかかわらず、全ての学生に平等に教育を受ける機会の提供に努めています。障害による困難や影響がある場合、障がい学生支援室「アシスト広場」では希望者との対話を通じて、大学生活を快適に送るために修学支援と環境整備の検討を行い、適切なサポート(合理的配慮)を学内の各部局と調整します。全ての障害(視覚障害、聴覚・言語障害、肢体不自由、病弱・虚弱、発達障害、精神障害など)が対象ですが、診断がなくても遠慮なくご相談ください。

    障がい学生支援室「アシスト広場」

    【所在地】文教キャンパス 教育学部音楽棟3F

  • ダイバーシティ
    推進センター

    学生やその家族を対象としてLGBT等に関する相談を受け付けています。
    「カミングアウトされたけどどうしていいか分からない」などの相談にも応じています。またこちらでは長崎大学の学生や教職員の一人ひとりが、その能力を十分に発揮し、高めていくための環境づくりと意識改革を行っています。
    詳細はムービーをご覧ください。

    ダイバーシティ推進センター

    【所在地】文教キャンパス(西通用口から入って右。もしくは補助体育館の裏)

  • 進学説明会情報

    オンライン個別進学相談の
    情報も掲載しています。

    進学説明会情報
  • 長崎大学 公式サイト

    大学の詳しい内容については、
    公式サイトをご覧ください。

    長崎大学公式サイト
  • 長崎大学広報誌Choho

    学生の学びや活動、大学の取り組みなどを
    紹介している高校生向け広報誌です。

    長崎大学広報誌Choho
  • 長崎大学入試情報サイト
  • 長崎大学に入学を決めた理由
  • 資料請求
  • 長崎大学生活協同組合

国立大学法人 長崎大学

〒852-8521 長崎県長崎市文教町1-14

Copyright© 2010 Nagasaki University, All Rights Reserved.